顎関節症 | 北赤羽の歯医者 │ アイリス歯科クリニック

  • 土日も診療
  • 03-3968-1182
    診療時間
    10:00~13:00/15:00~20:00
    ※日曜午後は18:00までです
  • 無料メール相談

顎関節症

顎関節症とは

口をあけるとアゴが痛い、指でアゴの周りを押すと痛い、口をあけるとコキッと音が鳴る、などの症状が出ていたら顎関節症と考えていいと思います。

アゴに負担がかかることにより、アゴの周りや筋肉に炎症反応がおきて、口を開けた時に痛みを感じたり、アゴの動きがスムーズに動かなくなって、軟骨と骨が強くこすれる時に音が鳴るという症状です。

治療はどうするの?

インパルス・デンタルレーザー

アゴの周りや筋肉の炎症を落ち着かせていくために、レーザーを使い筋肉の代謝を促し、痛みを緩和させる治療を行います。

レーザーは、少し肌が温かい感じがする程度の刺激で比較的速攻性があり、早期に痛みを緩和させることができます。

一般的には、あごに負荷がかかっている原因を探り、極力その原因を取り除いて、あごの筋肉を安静に保つようにしてもらいます。

状況によっては、マウスピースを作ってあごの筋肉を安静にさせたり、漢方や鎮痛剤によって痛みを緩和させていく場合もあります。

半年以上時間が経過してしまうと、元の健康な状態に戻りにくくなります。

そのため、早期にアゴの筋肉に起こる炎症を抑えて、できるだけ元の状態へ回復させることが必要となります。

もし、アゴの状態で何か違和感や痛みを感じたら、炎症が進まないうちに歯科医院で一度確認してもらった方がいいかと思います。

当院でも早期に元の状態へ回復できるように、レーザー治療も含めて対応させていただいております。

お気軽にご相談いただければと思います。